はこや加藤園の優良ブランド品と特別栽培農産物

オンラインショッピング

カテゴリー検索: 彩の国優良ブランド品

彩の国優良ブランド品狭山茶くき茶

l-0002

茎茶(くきちゃ、英語:Kukicha もしくは twig tea)は、日本の緑茶の一種。棒茶(ぼうちゃ)とも呼ばれています。

チャノキ (Camellia sinensis) から採れる茶の若枝、茶葉の柄、新芽の茎を混ぜて作られます。芽茶、粉茶とともに出物と呼ばれ、荒茶から煎茶を製造する過程で取り除かれた部分から作るものです。

需要と供給の極端なアンバランスのため価格が安く、そのため「二級品」とされがちですが、甘味・旨味・香り成分は葉よりもむしろ茎の方が豊富であり、茶の抽出源として優れた面も多い部位です。

玉露や高級な煎茶の茶葉から作られた茎茶のことを特に雁ヶ音(かりがね)、白折(しらおれ)と呼び、玉露の旨味と茎茶独特の風味から珍重されています。 
淹れ方や抽出時間は煎茶や玉露など、元になった茶葉と同様です。水色(すいしょく)は薄いが、さわやかな味と香りがあり、またアミノ酸が多く含まれる部位であるため旨味が強いのも特徴です。

 

彩の国優良ブランド品狭山茶煎茶

l-0001

狭山茶(さやまちゃ)は、埼玉県西部及び東京都西多摩地域を中心に生産されているお茶です。埼玉県における農産物生産面積では県下一です。歴史は古く鎌倉時代にまで遡ることが出来、静岡茶、宇治茶と並んで『日本三大茶』と呼ばれています。よく知られる俚諺では『色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす』と謳われています。